コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

要注意!ADHDが合併しやすいパニック障害の危険性

      2015/11/27

eyes-730751_640

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、多動性と、物忘れ、無くし物、集中力の低下、注意力の低下と言ったことが挙げられます。

普段、生活をしていく上で、これらの項目はとても重要であり、上手く対応出来なければ、社会の中で生活することはとても困難になってきます。

又、これらの他にも、ADHDの人に特徴的な症状として見られるのが、パニックです。

今回は、このADHDのパニックについて、お話していきましょう。

スポンサーリンク

パニック発作とは

パニック発作とは、とある場所や事柄があると、不安でもないのに、動悸や息切れを起こしてしまう症状です。

重症化すると、呼吸困難に陥ってしまうので、とても怖い症状であり、早めの治療が大事になってきます。

時にめまい等が起こり、こういった症状で、「自分は死んでしまうのではないか」と、不安になり、益々症状を悪化させてしまうのです。

 

合併しやすい障害

脳の伝達機能が低下しているADHD(注意欠如多動性障害)は、

社会に出ると、周りとの違いに、孤立しがちになり、それがストレスを大きくしてしまいます。

毎回、仕事でのミスで、上司に叱られていると、心が弱くなり、不安障害が出てきます。

その為、ADHDとパニック障害は、切っても切れない関係なのです。

スポンサーリンク

不安障害の種類

不安障害と言っても、様々な種類があり、強いトラウマを持つPTSDの場合や、何度も確認しなければ気が済まない、手を何度も洗ってしまうと言った行動もあります。

何かトラウマになるような場所や人に会うと、ドキドキして、パニック症状が出てしまうこともあるのです。

パニック障害は、何か不安が強いと起こる症状であり、ADHDと不安障害の共通は、この点であり、落ち着くことが出来ない為、何かしら多動的になりやすくなります。

 

不安障害との違い

不安障害との決定的な違いは、衝動性が無いと言うことであり、ADHDは、突発的な行動を取るのに対して、不安障害にはその性質はありません。

これが、心療内科や精神科医が判断する決め手となるのです。

先ずは、不安やパニックに感じることは何なのか、原因を把握し、適した治療を受けながら、周りの理解と手助けとともに、改善していきましょう。

そして、パニックに感じる場所や人に対しては、出来るだけ避ける、又は上手く対処できるように工夫をしていきましょう。

病院へも行かず、そのまま放置してしまうと、パニック症状が悪化し、ADHD自体の症状も悪化させてしまうことになるので、早めの治療を忘れないでください。


スポンサーリンク

 - ADHD , , , , ,

  関連記事

普通のケンカとは違う!ADHDの兄弟喧嘩をとめる・防止する方法

ADHDの兄弟喧嘩は、普通の兄弟喧嘩とは違い、大事件にまで発展することがあります …

ADHDは性格が悪い!自覚することで直る短所を見つめて長所を伸ばす

ADHDは性格が悪い ズバリ!ADHDの性格を一言で表すと、性格が悪いです。 A …

ADHDが結婚するにはどうしたらいい?長所を生かして幸せになろう

脳の発達障害であるADHD(注意欠如多動性障害)ですが、周囲と上手く関わることが …

生活状況から見るADHDとアスペルガーの違いとは?

最近よく聞かれるADHD(注意欠如多動性障害)とは、発達障害の一つで、子どもの頃 …

忘れ物が多いのは注意欠陥障害かも?3分でできるチェックリスト

あまり聞き慣れない言葉なのですが、注意欠陥障害と呼ばれる症状があります。 これは …

芸術の才能に溢れたADHDのウマ下手な絵の4つの特徴

ADHDの障害が才能を開花させるワケ 多くの人が知っている世界的有名人と言えば、 …

疲れやすいと感じるADHDは睡眠が足りていないのが原因かも

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)の特徴は様々なのですが、基本的 …

新事実!実はADHDには高学歴が多く高い知能を持つ人が多い

ADHD(注意欠如多動性障害)の人は、知能障害なので、頭が悪い、中卒・高卒が当た …

ADHDのコミュニケーション苦手をなくす3つの細かいテクニック

ADHDのコミュニケーションの特徴 まず、これは大人の場合ですが数ある症状が、イ …

遠くてもかかりたい!ADHDに強いおすすめ病院の専門医3人

なかなかいない専門医 元々は幼児から生育中、養育中の小さなお子さんの発達障害から …