コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

チェックリスト付き 人付き合いが苦手だと感じる人の4つの特長

      2017/04/09

man-390339_640

どうしても、人付き合いが苦手な人っているものです。

自分では上手く付き合いたいと思っても、相手に好かれるような付き合いが出来ない、又は、上手く会話が出来なくて、孤立してしまうと言った人もいます。

人付き合いが苦手と言うのは、生活をしていく中で、どうしても関わっていかないといけない相手に対して、上手く接することが出来ないので、落ち込み、悩み、苦しみます。

それでは、人付き合いが苦手な人の特徴を挙げてみましょう。

スポンサーリンク

お喋りが苦手

人付き合いが苦手と言う人の多くは、お喋りが苦手と言う人です。

又は、コミュ障で、上手く会話を繋げることが出来ず、落ち込み、悩み、そして、人付き合いが苦手に拍車がかかり、やがて、人を避けてしまうのです。

これでは、益々人と会話をしなくなるので、上達せず、殻に閉じこもる生活になってしまうと言う悪循環になります。

 

自分は駄目だと思いこまない

人付き合いが苦手だからと言って、社会の中で生活をしている以上、誰かと関わりを持たずに生きていくことは難しいのです。

確かに上手く行かないと、落ち込んで、人に会いたいと思わなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、だからと言って、閉じこもってしまうと、余計人が怖くなってしまいます。

「自分は駄目じゃない」と心に言い聞かせて、積極的に人に会うように努力しましょう。

スポンサーリンク

誰とでも仲良くしなくて良い

人付き合いが苦手と考えている人の多くは、「誰とでも仲良くしなければならない」と言った概念にとらわれている場合が多いのです。

しかし、これは間違いであり、そもそも、全ての人と仲良くなんて出来るわけがありません。

なぜなら、人の性格は十人十色、合う人もいれば、その逆の人もいますから。

 

傷つきやすい心を強くする

人付き合いが苦手と言う人は、傷つきやすい人が多く、傷つきたくなくて、人付き合いをしない人も多いのです。

つまり、傷つかなくする、心を強くすることが大事であり、強い精神を築くよう努力することが、大事であると言えます。

自分ではそう思っていても、実はそうではないと言うこともあり、人付き合いが苦手と言う固定概念が、マイナス思考を生む結果となるので、気持ちを切り替えることも大事な要素と言えますね。

最近は、数多くの「自身の心を鍛える本」が登場していますので、読んで参考にしてみると良いでしょう。

身近な人も、同じように人付き合いが苦手で、自分と仲良くしたいと思っているかもしれませんよ。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事