コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

車の運転が危険な人も 注意欠陥障害だと診断される4つの基準

      2017/04/09

automobile-160338_640

発達障害の一つであるADHDですが、その中の症状として、注意欠陥障害があります。

注意散漫で、集中しなければならない仕事や勉強に集中できず、違うことを始めてしまう、なんていう経験はありませんか?

約束を守れずに、相手に対して迷惑をかけてしまった、多大なる損害を与えてしまった、なんてことはありませんか。

それは、単なる性格の問題ではなく、こういった病気の症状であるかもしれません。

そこで、注意欠陥障害の診断について、考えていきましょう。

スポンサーリンク

自覚を持つこと

注意力散漫で、注意ばかり受ける、自分は駄目人間なんだ、と思って、殻に閉じこもってしまう人がいますが、実はこれがADHDの症状であると考えてみてください。

そうなると、自然と、「自分は病気なんだ」と実感できて、だいぶ気分が楽になります。

勿論、早い段階で診察を受けて、治療を始めることが、辛い生活を改善していくことが出来るので、先ずは自覚をすることから始めてください。

 

約束を忘れる

生活をする中で、どうしても守らなければならない約束があります。

ましてや仕事や勉強の上での約束は、絶対に守らなければなりません。

しかし、注意欠陥障害の場合、この約束をうっかり忘れてしまうのです。

これは故意ではなく、最初は覚えていても、間近になると忘れてしまい、相手に迷惑をかけてしまうことになります。

約束を忘れてもいいように、しっかりとメモに残しておく等の努力を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

車の運転が危険

車は、短時間で目的地まで連れて行ってくれる便利なものですが、自身が運転する場合、交通事故等に注意しながら運転しなければなりません。

これは基本的なことですが、ADHDの注意欠陥障害は、集中して運転をすることに多少困難があります。

視界の中に別の興味がある物が入ってくると、そちらに気を取られてしまうからです。

運転に集中しなければならないのに、別のことに集中してしまっては、交通事故を起こすリスクも高まります。

こういった症状がある方は、病院で診察を受けてください。

 

ADHDと思ったら、SADだった

自分では注意欠陥障害で、ADHDと思っていたら、いざ診断を受けたら、SADだったと言うのは、結構ある話のようです。

心の問題は、患者の症状の訴えで決断されることが多いので、医師によっては、違う判断をすることもあります。

ADHDとSADの症状は似ている所もあるのですが、一つの病院での診断だけで判断するのではなく、セカンドオピニオンで、他の病院でも診断を受けてみると、良いかもしれません。

このように、注意欠陥障害は、少なからず生活の中で、違和感を感じることが多いので、少しでも変だと思ったら、すぐに病院の診断を受けてください。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事