コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

人付き合いが面倒なとき僕が試している心理テクニック

      2017/04/09

silhouettes-278791_640 (1)

人付き合いは、毎日の生活の中で、充実感を与えてくれる反面、面倒くさいものでもあります。

あまり気が合わない相手であると、益々その気持ちは浮上してくるでしょう。

面倒な人付き合いは、ストレスを溜めやすく、そのまま放置してしまうと、うつ病を引き起こしてしまうので、要注意です。

では、何で人付き合いは面倒なのでしょうか?

その心理について、考えてみましょう。

スポンサーリンク

相手に合わせたくない

自分一人では、好きなように行動出来るのに、相手がいるとなると、相手に合わせた行動をしなければならなくなります。

旅行とか何かイベントで一緒になるとしたら、その日一日、その人と行動を共にするのですから、自分の行きたい場所よりも、相手の行きたい場所を優先させなければならないこともあります。

せっかくの旅行も、それではかえってストレスを溜めやすくなってしまうわけですね。

 

面倒くさいを克服するコツ

人と群れるのはとても面倒だと感じる貴方、特に自分にとって不快な人、出来るだけ避けたいと言う人も中にはいるでしょう。

そういった人といると、とても疲れて、ストレスを感じてしまうものです。

そこで、ちょっとしたコツをマスターすると、意外と面倒くさい人付き合いも上手く行くのではないでしょうか。

例えば、相手の良い所を探してみるのです。

嫌な部分があるとそこばかりに集中して見てしまうのですが、相手の良い所を探してみると、意外とその人がいい人間に見えてきます。

苦手な相手に対して興味を持つようになり、やがて、面倒くさかった人付き合いが割と楽しくなってくるのです。

スポンサーリンク

悪口や噂話ばかり

女性がグループで集まるとよく見られるのが、その場にいない人の噂話や悪口です。

人の悪口を趣味にしている人がいると、その話ばかりで盛り上がり、あまりいい気分がしないでしょう。

もしかしたら、自分もいない時に、こうやって噂話や悪口を言われている!?そう考えると、人付き合いは嫌になってきますよね。

 

笑顔で対応する

ムスっとした態度でいれば、相手もあまりいい気持ちがしないので、当然、今度会う時には、不機嫌な態度を取られ、仲間外れにされてしまうかもしれません。

それでは益々人付き合いが難しくなって、コミュ障も悪化してしまいます。

いつもと言う訳にはいかないでしょうが、出来るだけ人と対面する時には、笑顔を作るように努力してください。

このように、人付き合いはとても面倒くさく、疲れるものですが、ちょっとした工夫をすることで、充実した人付き合いが出来るようになるのです。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事