コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

男としか話せない・・・女性恐怖症を克服するための方法

      2016/01/06

JK92_maneger20150208103742-thumb-815xauto-12447

男性の中には、女性が怖いと感じる人も多く、その中には、女性恐怖症である場合もあります。

あまり世間では知られていないのですが、自分とは違う異性に対して起こる反応の為、なかなか彼女が出来なくて、悩んでいる人も多いのです。

その結果、益々女性が怖いと感じてしまう人もいます。

世界では、男と女しかいない中で、異性に恐怖心を抱いてしまったのでは、せっかくの人生も台無しです。

そこで、今回は、この女性恐怖症について、考えてみましょう。

スポンサーリンク

男性恐怖症もある

女性恐怖症は、女性に対して恐怖心を感じる男性の症状を指しますが、逆に、男性恐怖症というのもあります。

その名の通り、女性が男性に対して恐怖や不安を感じる症状です。

個別に考えられるのですが、一般的には、対人恐怖症として扱われます。

特に思春期頃に、異性に対して強く感じる恐怖感であり、大人になれば、社会に出れば、異性との交流も増えてくるので、慣れもあり、徐々に改善していくこともあるでしょう。

体の問題ではなく、心の問題なので、気持ちの切り替えによって、だいぶ楽になってくるのです。

 

トラウマが恐怖心を呼ぶ

女性恐怖症になるというのは、何か原因になることが挙げられます。

例えば、彼女や奥さんを亡くしてしまったり、彼女からきつい事を言われたと言ったことです。

言葉の暴力という物が存在するように、刀のような鋭い刃でさくっと心をえぐられる時のショックは、当人にしか分かりません。

それは、古傷となって、生きている限りずっと心の中に存在するのです。

トラウマになると、その光景がフラッシュバックされることもあり、男性にとってはずっと背負っていかなければならない辛い思い出です。

これが、異性に対して、女性恐怖症を生み出してしまうのです。

スポンサーリンク

カウンセリングを受ける

とにかく克服する為には、専門知識が豊富なカウンセラーの元、カウンセリングを受ける必要があります。

深い原因を探ることで、その物に対してフラッシュバックが出た時の対処を的確にアドバイスしてくれます。

生きにくい毎日の為に、早めの治療が必要ですから、カウンセリングを行っている心療内科、精神科に受診してください。

 

薬物療法で早期回復へ

女性恐怖症は治ります。

早く治したいと言う人は、薬物療法が効率的であり、たった1回の治療でも、かなりの効果が期待できるのです。

即効性があることから、早期回復に繋がるのですが、依存性も高く、薬ばかりに頼ってしまうと、余計悪化させてしまうので、カウンセリングも一緒に行いながら、治療していきましょう。

これが、女性恐怖症の内容であり、そして対処法ですから、自分は当てはまると言う方は、すぐに病院で治療を始めてください。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事

いくつ当てはまる?嫌われる人の5つの特長

人から嫌われる人の特徴は、色々あります。 どんな人でも共通するのが、その人に対し …

「友達がいない」という状況をことを心理学的に考えてみた

リア充と言う言葉を良く耳にしますが、これは、リアルな現実社会が充実していると言う …

【正しく理解しよう】対人恐怖症の症状まとめ

対人恐怖症の人は、人と上手く接することが出来ない為、人と関わりを持つ度に、恐怖心 …

仕事ができない・・・注意欠陥障害の特徴的な4つの症状

発達障害の一つであるADHDには、注意欠陥障害があります。 多動的で、注意が散漫 …

どうしても喋れなくなってしまう・・・吃音になる3つの原因

人前に出ると、声が上ずってしまうと言う人もいます。 気心が知れた者同士であれば、 …

普段から?緊張している時だけ?どもりの正体を解明する

話をする際、相手に伝わるように、こと細かく説明していくことで、上手くコミュニケー …

中学生・高校生必見!修学旅行でぼっちにならないための対策

修学旅行は、学生にとって、一生に一度の大切な学友との思い出の旅行です。 その為、 …

男は気が付かない女に嫌われる女の4つの特長

異性に振られるのは、とても辛いものですが、同性に嫌われるのも、辛いものです。 例 …

コミュ障の話し方にはある特徴があった!問題が分かれば原因が見えてくる

滑舌よく、はきはきと、流暢に話をする人は、聞き手にとって、安心して聞くことが出来 …

どこに行っても嫌われる性格には3つの特長があった!

自分では仲が良いと思っていても、実は相手からすると嫌われていた、なんてことはよく …