コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

家事を任せられない!ADHDの妻をもって大変だと感じる旦那さんのエピソード

      2016/04/02

ironing-403074_960_720

僕はまだ未婚ですが、来年か再来年あたり彼女と結婚したいと思っています。

まあ彼女がプロポーズをOKしてくれればですけどね(^^;)

自身はあります!

僕自身がADHDですが、中には割合は少ないですが女性もADHDの方がいます。

 

男性に比べて女性のADHD4対1の割合で少ないとされていますが、これは女性のADHDが発見しずらい環境にあるのも関わってくると思います。

女性の場合は、ちょっと変わった行動があっても天然でかわいい、と済まされたり、専業主婦になって気づかれにくいという点があります。

今回は僕が通っている「ADHDの会」で、同じ障害を持っているADHDの女性の旦那さんの話を聞いてきました。

やっぱり、ADHDの妻を持つと旦那さんは何かと大変なことも多いようですね。僕がいうのもなんですが。

スポンサーリンク

ADHDの妻をもつ旦那さんが困っていること

家計を任せることができない

ADHDは数字に弱いという特徴があり、簡単な計算でも間違えることがよくあります。

例え電卓を使っても間違えるんですから、もう計算はまかせない方がいいですね。

旦那さんの話で印象的だったのが、

「子供に数字を教えているとき、妻が1、2、3、4と数えていて、ちょっと何かが気になると、数えていた数字を忘れてしまうんです」

これは僕もよくあります。

 

簡単なことをしていて、何かに気を取られると簡単なことをしていたはずなのに、何をしていたか思い出せないんです。

それが数字が関わるときはこれが顕著に表れると思います。

ADHDにもタイプがありますが、数字に弱いタイプは、数字を目にすると集中力が低くなり、他のことに気を取られやすくなります。

苦手なんで、避けたいというADHDの本能ともいえる特徴が働いてしまうんですね。

これは直るものではないので、数字に弱い奥さんを持つ旦那さんは、家計簿は妻がつけるもの。

と考えずに、旦那さんがつけて、家計をしっかり預かった方がいいですね。

 

家が散らかっている

片付けができないという特徴は、ADHDの中でも表れやすい症状です。

男性では片付けられない、片付けない人が多いのであまり問題しされませんが、女性のADHDはこの特徴が大きく問題視されます。

やはり家の中の片づけは妻がやるべきという考え方が主流なので、片付けができないと、「はぁ?」と怒ってしまう旦那さんもいます。

 

ADHDの会で話されていた旦那さんも、怒っていた一人だったそうです。

「妻は専業主婦なのに、帰ってきたらなぜか今朝出ていったときよりも部屋が汚くなっている。

明日は片付けといてよ、と頼んでも、さらに汚くなっている。

なんでこんなこともできないのか、とてもズボラな妻で、結婚を間違ったかもと思った時期もありました」と話されていました。

 

しかしADHDの存在をネットで知り、妻がADHDと診断されたことで、旦那さんの中ではほっとしたそうです。

れっきとした脳の障害なら仕方がない。

怒っても治るものでもないし、本人がズボラなわけでもないと分かったことが救いになったそうです。

それからは妻のお母さんにもたまに掃除を手伝ってもらいながら、少しずつ片付けを頑張っているそうです。

スポンサーリンク

近所とトラブルを抱えている

とくに子供が幼稚園、小学校に通い始めるとママ友づきあいが濃厚になってきます。

ママ友づきあいはほとんど旦那さんはノータッチの分野で、ママと子供が主体の関係性です。

それだけトラブルは起きやすく、自分だけでない子供が関わるものですから、関係性はナイーブで気を付けなければいけないことばかり。

それを、ADHDの奥さんは雰囲気がわからず、空気の読めないことを言ってしまったりしてトラブルになるんですね。

旦那さんもしばしばトラブルの仲裁に入らなければいけないこと、相手先に謝りにいかなければいけなかったりと、何かと大変なようです。

 

子供の要求に応えられない

子供も学校に通うようになると、体操服に名前を書かなければいけなかったり、裁縫をしたりと、何かと細々することが出てきます。

小学生ともなると、子供も人の目を気にするようになり、普通という基準を知り、求めるようになります。

「妻は時が汚く、体操服に書いた名前を他の子供に笑われたそうです。

他にも娘に給食費を持たせたらその中にお金を入れてなくて娘が怒られたり、

運動会に家族で応援に行ったとき、「お前のお母さん変な人!」と男子からからかわれたそうです」

このような経緯から、子供はお母さんに対して怒ったり、もうお母さんは何もしないで!と言われたこともあったそうです。

子供は普通を望み、その障害を分かってくれないですから、何かと辛いものがあります。

お母さんができないことは旦那さんが代わりに勤めるなど、夫婦でのサポートが重要になりますね。


スポンサーリンク

 - ADHD , , , , , ,

  関連記事

ADHDによくあるちょっとしたミスを克服するための4つの方法

ADHD(注意欠如多動性障害)は、一生治らない病気であると思っている人も多いので …

自分ってもしや多動性障害?と思ったときのチェックリスト

あまり聞き慣れない症状の一つに、多動性障害があります。 一般的にADHDと言われ …

ADHDからひき起こる可能性が高い二次障害を知って対策しよう

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、現在、原因については不明で …

この主人公はADHD?漫画で描かれるADHDを読み解く

発達障害であるADHDは、最近は若干理解されていますが、それでも全ての人に対して …

なぜ片付けられないの?ADHDによく見られる部屋が汚い理由

よくテレビの特集で、「片付けられない人」と言うテーマで、部屋が汚い芸能人のお宅訪 …

あの有名人もADHDだった!ADHDが世界的な成功者を生み出しやすい理由とは?

空気が読めない、集中力が無い、なんていうのは性格の問題かと思いきや、実は病気のせ …

個性だなんて認めない完治させてやる!ADHDの僕なりの治し方

ADHDの治療や取組などは色々書いていますが、今回は僕が思っているADHDの根本 …

物をなくすことが多い不注意優勢型のADHDの主な症状

ADHD(注意欠如多動性障害)を持つ人の特徴の一つに、不注意と言う症状があります …

ADHDの仕事のできなさ・日常の不便さを対策する5つの段取り力

「あー今日も残業になってしまった。しかも自分がしなければいけない仕事を、周りにさ …

4つの種類からなるADHDのタイプ別の特徴&症状

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、人と違う所があり、その部分 …