コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

朗報!軽度のADHDは高い確率で子供時代なら治りやすい

      2015/11/27

little-102283_640

ADHD(注意欠如多動性障害)と言っても、人によってその度合いには違いがあります。

周囲と全く溶け込むことが出来ずに、独創性が強い人もいれば、あまり症状が見られないという軽度まであり、その人その人によって対処法も違ってくるのです。

そこで、今回は、軽度のADHDにスポットを当ててみましょう。

スポンサーリンク

軽度発達障害とは

軽度に見られる発達障害の特徴は、人との距離が取りにくい、感情が激しい。

人の気持ちを理解できない、環境適応が難しい、忘れっぽい、無くし物が多い、計画性が無く衝動的、と言ったことが挙げられます。

脳の全てを使っているという人はいないのですが、一般的に、能力別にバランス良く補いながら使っているのですが、軽度発達障害の場合、このバランスが上手く行かずに、突発的な行動を取りやすいのです。

 

身内に発達障害の人がいる場合

家族(夫・妻・子ども)に発達障害が見られる場合、周りの人の理解が一番早い回復に繋がります。

「この子の性格だから」なんて諦めていると、軽度の症状もそのまま進行してしまいます。

気が付いたら、重症化して、周りと孤立してしまっていた、と言ったことも多いのです。

特に子供の場合は、お母さんやお父さんのサポート無しでは、生活出来ませんので、先ずは自分の子に発達障害の疑いはないかどうかをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

軽度発達障害の子供の将来

普通と違う行動を取ってしまう特性のあるADHDは、周囲と溶け込むことが出来ずに、集団から浮いた存在になってしまいやすくなります。

その為、孤立している自分に違和感を覚え、そして、いつしか人と接することが出来ない閉じこもり、引きこもり生活を送ると言ったことも考えられます。

子どもの頃のADHDは、親がしっかりと理解し、適した対処法を見つけ出すことによって、上手く生活をしていくことが出来るようになります。

「うちの子は、ADHDだから」と諦めてしまっては、治るべき特性も、そのままの状態になってしまいかねません。

遠い将来を考えた上で、周囲の理解と協力の元、しっかりと対処していきましょう。

 

通院可能な科とは

軽度発達障害のADHD(注意欠如多動性障害)の場合、診察・治療を受けるとすると、一体どこがいいのか迷うことでしょう。

病院と言っても、様々な科がありますからね。

一般的なのは、精神科・心療内科と言えるでしょう。

脳自体の問題なので、精神面においては関係ないと思われるのでしょうが、実は、ADHDの場合、双極性障害を伴っていることもあるので、心療内科・精神科を受診するのが効果的なのです。

一人ではなかなか行けないという方は、ご家族と一緒に受診してみてくださいね。

軽度のADHDだからと言って、侮ってはいけません。
早めの治療で、必ず回復・克服できるということを頭に入れて、しっかり治療を受けていきましょう。


スポンサーリンク

 - ADHD , , , ,

  関連記事

親戚の会社さえもクビに!ADHDでクビになったバイト・仕事の遍歴

僕は今現在営業職に就いており、かれこれ勤続5年目となります。 しかしそれまではA …

ADHDに向いている職業22個。適職に就けば才能を活かせる!

ADHDを抱えている多くの人は、「自分は仕事ができない」「仕事が向いていない」と …

ADHDのコミュニケーション苦手をなくす3つの細かいテクニック

ADHDのコミュニケーションの特徴 まず、これは大人の場合ですが数ある症状が、イ …

新事実!実はADHDには高学歴が多く高い知能を持つ人が多い

ADHD(注意欠如多動性障害)の人は、知能障害なので、頭が悪い、中卒・高卒が当た …

うちの子供はADHD?病院の検査方法と持っていく物・事前準備リスト

僕は大学生のころにADHDだと診断されましたが、現代ではADHDは昔より認知度が …

どちらか一方がADHDの夫婦は離婚しやすい?結婚生活におけるトラブル

発達障害のADHDの人は、相手の空気を読めない、人とは違う行動をする、と言うこと …

ADHDは性格が悪い!自覚することで直る短所を見つめて長所を伸ばす

ADHDは性格が悪い ズバリ!ADHDの性格を一言で表すと、性格が悪いです。 A …

遠くてもかかりたい!ADHDに強いおすすめ病院の専門医3人

なかなかいない専門医 元々は幼児から生育中、養育中の小さなお子さんの発達障害から …

ADHDが気を付けたい人間関係を悪化させてしまう4つのポイント

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、人と上手くコミュニケーショ …

アスペルガー症候群に見られる特徴的な4つの症状

自閉症の一つであるアスペルガー症候群、名前は聞いたことがあっても、実際にどんな病 …