コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

どもりの原因ってなに?原因を知ってスムーズな会話力を身につけよう

      2015/11/27

drip-351619_640

どもりは、人前に出ると、緊張してしまい、同じ言葉を繰り返したり、言葉が出なかったりと、コミュニケーションが上手く取れないと言った症状です。

生活をしていく中で、人との会話はとても大事な要素なので、上手くしゃべれないと言うのは、致命的です。

又、それが原因で、人が怖くなり、自分の殻に閉じこもってしまっては、せっかくの人生もつまらないものになってしまうでしょう。

そこで、どもりの原因を知り、根底から解決することで、どもりのないコミュニケーションを取ることが出来るのです。

スポンサーリンク

どんな時にどもる?

どもりは、その人によって、種類が異なり、「こ、こ、こんにちは」と言う人もいれば、「こーーんにちは」と言葉を伸ばしてしまう人もいます。

「こ・・・」と、その後の言葉が続かずに、相手に伝わらない場合も多いのです。

これでは、相手との会話のキャッチボールが出来ませんから、改善させないといけません。

一対一での対話でもこれほどまでに緊張する人にとっては、多くの人の前で発言をすると言う場合、より一層緊張して、手足が震えたり、声が出なかったりすることが、どもりがある人以外にも、当然ありえます。

しかし、その症状が極端であれば、人から引かれてしまうのです。

 

過去の環境が影響していることも

どもりを発症する原因は、過去にあった辛いトラウマや厳しいしつけが影響していることも多いのです。

例えば、小さい頃に、身近な人の事件を目撃してしまったとか、親からの厳しい躾で、どもりを発症してしまったということです。

子どもの頃に受けた傷は一生治らず、傷が深いほど、ひきずったまま人生を送ることになります。

精神的なストレスはどもりやすく、又、てんかんと言った脳の病気でも、どもりを発症することがあります。

先ずは、原因は何なのかをしっかりと把握する為に、病院にて診察を受け、どもりの原因を知り、徹底的に治療していきます。

スポンサーリンク

男性に多い

man-785435_640

男女の比率を考えると、女性よりも男性の方が多いどもりは、緊張する場面は一緒でも、女性の場合は、胸式呼吸になるので、どもることが無いようです。

勿論全ての女性がどもらないと言うことはありませんが、それでも比率からすると、男性の方が多いのです。

男性は、家庭を持つ等、大黒柱となりますから、当然、仕事をしていかなければなりません。

プレゼン等、多くの人の前での発言にどもってしまっては意味がありません。

こういったプレッシャーが益々どもりを助長させてしまうのです。

どもりを治すには、まずは原因を知ること、治ると言うことを信じて、少しずつ改善させていきましょう。


スポンサーリンク

 - コミュ障を治す , , ,

  関連記事

もう悩まない!コミュ障の「女性」だからできるマイナス思考改善方法

コミュ障や対人恐怖症の女性はもっとも悩むのは他の女性と自分を比べてしまうことでは …

対人恐怖症を克服するために試したい3つのステップアップ術

日本人人口の中には、心の病を持っている人が多く存在し、その中には、他人が怖い、対 …

人の目を見て話せないに試してほしいコミュニケーション術

コミュ障の人の多くは、上手く人と話が出来ないと言うことで、自分に自信が持てず、常 …

コミュニケーション障害克服は「自分」に焦点を当てることで解決できる

人と上手く関係を持つことが出来ない、人と上手く会話をすることが出来ない、と言った …

コミュ障が徐々に でも確実に会話上手になる3つのステップ

コミュ障にとっての悩みは会話をうまくできないことです。これは会話を難しく考え過ぎ …

緊張で文字も書けないほどの手の震えだった震えを改善した3つの方法

コミュ障の僕は、人前でプレゼンするときなど緊張で手の震えが止まらなくなることがあ …

30代のコミュ障でもまだ間に合う!今からできるコミュ力改善方法

コミュ障はネットを中心に広まった言葉ですが、ネットと言うと若者ユーザーが多いとい …

女性恐怖症を克服するためには4つのステップが必要

男性の中には、異性が怖い、女性恐怖症と言う人がいます。 同性に対しては、すんなり …

そういえばどこ?対人恐怖症だと思うとき病院は何科を受診するべき?

初期の段階では、自覚症状は無いのですが、ある程度進行してくると、「あれ?自分おか …

根本からコミュニケーション能力を鍛えるための3つの方法

コミュ障の人は、人と対等に話をするのが苦手であり、出来れば避けてしまいがちです。 …