コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

「友達がいない」という状況をことを心理学的に考えてみた

      2016/02/23

chess-691437_640

リア充と言う言葉を良く耳にしますが、これは、リアルな現実社会が充実していると言う意味であり、つまり、友達が多くて、週末は遊びに出かける、又はお稽古ごとで、しっかりと満たされた毎日を送っていると言う人を指します。

しかし、全ての人がそうとは言えず、中には、友達もいない上に、週末も一人寂しく行動、又は引きこもってしまっている人もいるでしょう。

友達がいないと言うことは、どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

一緒に行動する相手がいない

友達と言うのは、大事な存在です。

遊びに行くにも友達が大事ですし、勿論家族がいればいいと言う人もいるでしょう。

しかし、学生の頃は、集団の中で一人でいるというのは、友達がいないと言うのは、かなり辛いものです。

例えば、修学旅行の時もぽつんとしていたら、すごく目立ちますし、辛い思い出になってしまいます。

集団の中の友達がいないぼっち程、辛いものはないでしょう。

 

情報を得ることが出来ない

友達を作るということは、そこから色んな情報を得ることが出来るということです。

友達を通して得た情報は、とても貴重な話を聞くことが出来るかもしれません。

勿論、友達でなくても、知り合いでも、情報を得ることが出来ますが、仲の良い友達は、行動を共にする時間も長いので、色んな話を聞くことが出来るのです。

スポンサーリンク

相談することが出来ない

辛く苦しい時、そんな話が出来る相手がいると、とても助けられます。

何もしてあげることは出来なくても、それでも、話を聞くことは出来ます。

話を聞いてくれる相手がいるのは、それだけで、心が解放されるのです。

友達であれば、親身になって話を聞いてくれて、それに対して、優しいアドバイスをくれるので、気持ち的に楽になれるでしょう。

 

孤独感が半端ない

一人でいるのは好きだけど、集団の中での一人は、本当に孤独に感じてしまいます。

集団性で協調性を重視する日本では、特に、集団の中で一人でいることに、とても目立った存在になってしまいます。

「あの子は一人でいる、友達がいない」と思われることに、恥ずかしさを感じるからです。

勿論、そんな中でも一人でいることが楽だと考える人もいます。

下手に群れて、人間関係で疲れてしまうことを考えると、やはり、一人でいたいと考えてしまう人もいるでしょう。

勿論、友達は様々なメリットがあり、楽しい人生を送ることが出来ますが、多趣味な人にとっては、一人でいる方がストレスを感じることなく楽しむことが出来るので、必ずしも友達がいないと言うことがデメリットではありません。

楽しい人生の価値観は人それぞれなので、趣味が合う人等を徐々に作っていくと良いですね。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , ,

  関連記事

驚きの新事実!実はあの有名人もアスペルガーだった!?

発達障害の一つであるアスペルガー症候群ですが、世界的にも知名度が高いと言う人々が …

友達がいない主婦ってどうなの?人生を楽しむための方法

子どもがいない夫婦の間では、周りは赤ちゃんが出来て、育児が忙しく、昔の友達も、な …

コミュ障で海外留学する人が増えているメリットがありすぎる理由とは?

コミュ障は、その名の通り、人との会話が上手く成立しない、自身でそう思い込んで、自 …

どこに行っても嫌われる性格には3つの特長があった!

自分では仲が良いと思っていても、実は相手からすると嫌われていた、なんてことはよく …

車の運転が危険な人も 注意欠陥障害だと診断される4つの基準

発達障害の一つであるADHDですが、その中の症状として、注意欠陥障害があります。 …

芸能人にもコミュ障がけっこういる!どうやって明るくなったの?

コミュ障の芸能人は結構多いものです。お笑い芸人とミュージシャンには多くいます。 …

コミュ障は性格が暗いせい・・・ではなく実は脳に問題があるのかも?

私たちは、人と接することで、人間らしい生き方を学び、社会の中で上手く、有意義に生 …

対人恐怖症はなにが原因?真面目な人が陥りやすい落とし穴

人はそれぞれ悩みや問題を抱えて生きていることでしょう。 中には、人が怖い、対人恐 …

どうしても喋れなくなってしまう・・・吃音になる3つの原因

人前に出ると、声が上ずってしまうと言う人もいます。 気心が知れた者同士であれば、 …

男としか話せない・・・女性恐怖症を克服するための方法

男性の中には、女性が怖いと感じる人も多く、その中には、女性恐怖症である場合もあり …