コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

人が怖い心理とは?原因を探って見えてきた人としての本能

      2017/04/09

owl-644482_640

人が怖いというの方は大勢います。でも本当に怖いものなのでしょうか。

また他の普通の人はどう考えているのでしょう?

そこから考えていくと、実は…ということは多くあります。自分だけではないことも知っておくといいですね。

スポンサーリンク

どんな人でも人が怖い

「人が怖い」と多くのコミュ障や対人恐怖症の方は言います。

でも考えてみてください。

相手の立場になってみれば、誰もが相手を初めて見れば怖いのです。

つまり誰でも人が怖いことは違いがありません。

ただコミュ障の方と普通の方の違いは「人が怖い」ということを態度に出さないことです。

理由はそういう態度は相手を怖がらせてしまうことを知っているから。

つまり相手を思いやることは怖がらないという態度を見せることなのです。

残念ですが、「人が怖い」と口に出した段階ですでに失礼な態度だと言えます。

誰でも人が怖いことを知っています。

でもそれを口に出したり、態度に出すのは失礼だから出さないだけなのです。

そのことをちょっと考えていけば、どうコミュ障から抜け出すべきかというヒントも見えてくるでしょう。

 

「人が怖い」のは当たり前だから…

人が怖いということになった原因は誰にでもあります。

ひどい裏切りにあったり、いじめもそうでしょう。

しかしそのことをいつまでも考えていても先がない。

だから多くのコミュ障ではない方は先へ進むようにと考え、の中にある「人が怖い」を隠すわけです。

これは卑怯でしょうか?

違いますよね。

あくまでも前向きに自分を進めていくための知恵だといえるのではないでしょうか。

怖いけれど、自分ひとりで生きているわけではありません。

だからこそ、「人が怖い」ということはどんな原因があっても捨て去っていくわけです。

自分ひとりで生きているわけではないから、誰かと会わなければなりません。

ときには相手のやり方に従うことも必要になってきます。

逆に自分が相手を引っ張ることも生きていくうえでは重要になっていくのです。

スポンサーリンク

人と生きていることを忘れない

man-290186_640

人が怖いのは当然です。

考えていることも自分と違っていたり、また理解できないこともあるからです。

しかし数多くの「誰か」と無意識に助け合って人間は生きているのですから、怖い人はむしろ少ないといえます。

これを考えるとちょっと楽になってきませんか?

コミュ障だから…と人が怖いと思い込んでいるのは損です。

見た目が怖いタイプでも、優しい人は数多いものです。

またそっけない優しさもある意味、考えられた思いやりです。

自分から「人が怖い」と決めつけ、個性的な優しさに触れずに生きていくのは辛いと思いませんか?

もしも「人が怖い」ことに甘えているなら、そこから抜け出してみましょう。

思っているほど、人間が怖いものではないことを知ってもいいはずです。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事