コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

仕事ができない・・・注意欠陥障害の特徴的な4つの症状

      2017/04/09

river-691189_640

発達障害の一つであるADHDには、注意欠陥障害があります。

多動的で、注意が散漫になるので、一つのことに集中するのが、苦手なので、そういった仕事に就くと、とても大変です。

初めのうちは、それが自分の性格の問題だと思ってしまうのですが、あまりに酷く、生活を困難にさせる程の状態になれば、それは、脳の病気であると自覚すべきです。

では、実際に注意欠陥障害はどんな症状があるのでしょうか。

スポンサーリンク

集中力が続かない

相手と会話をしていても、話に集中できずに、ぼぉーとしていることが多いといったことが挙げられます。

相手からすると、話を聞いてくれないので、ちょっと距離を置きたいと思うでしょう。

これでは大切な友達も失ってしまうことになるので、自身が病気であるという事を認識し、治療を受けなければなりません。

友達と会う時には、周りに影響されないような、静かな場所でお話出来るようにしましょう。

 

忘れ物が多い

小さい頃から、忘れ物や無くし物が多いと言う方は、それは性格の問題ではなく、ADHDの症状の場合が多いのです。

どうしても必要な物は、覚えている時に事前に準備しておく、メモに残しておくといった対処をすることが、生活をする上で大事です。

特に、仕事や勉強の上で、どうしても大切な事柄であれば、忘れないような対応をすることが必要です。

又、無くし物をしないように、手に持たずに鞄に入れる等の努力も忘れないでください。

スポンサーリンク

片付けられない

部屋の掃除をしようとしても、それが、逆に余計悪化してしまった、なんていう経験ありませんか?

片付けをしていると、様々な情報が目に入ってきます。

昔のアルバムなんて出てきた時には、それに夢中になって、片付けと言うことを忘れてしまうのです。

これは注意欠陥障害の一つの症状である場合があり、片付けようとすればするほど、散らかってしまうのです。

もしも、こういった経験があると言う方は、注意欠陥障害の可能性があるので、病院で診断を受けてください。

 

不器用である

字を書く際に、字が震えてしまう、乱れてしまうと言ったことはありませんか?

字を書くと言うことは、そのことに集中しなければなりません。

しかし、書いている最中に、他のことが頭に入ってしまうと、字を書くことに集中出来ません。

その為、字が歪んだり乱れたりするのです。

集中しなければと言う時程、注意力が散漫になってしまうので、こういった場面では、特に注意しなければなりません。

これらの自覚症状がある場合は、注意欠陥障害の症状の可能性が高いので、早めに受診しましょう。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , , ,

  関連記事