コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

対人恐怖症はなにが原因?真面目な人が陥りやすい落とし穴

      2017/04/09

OOK86_TELsurublack15190743500-thumb-1500x1000-12335

人はそれぞれ悩みや問題を抱えて生きていることでしょう。

中には、人が怖い、対人恐怖症で悩んでいる人もいて、最近増加傾向にあります。

その背景には、複雑化する社会が関係しており、人との付き合いに、悩み、苦しんでいるのです。

それは、誰もが感じることであり、不安に思うことでもありますが、極端に人を怖く思い、重度化し、人を避けてしまうようになると、生活するのが困難になってしまうことでしょう。

それが、対人恐怖症と呼ばれる症状であり、様々な原因によって起こっているので、それを一つ一つ解消しなければ、完治とは言えません。

そこで、対人恐怖症の原因について考えてみましょう。

スポンサーリンク

真面目である

対人恐怖症の原因と言うのは、心の問題であり、考えすぎてしまうところから、症状を悪化させてしまっているので、様々な事に対して、曖昧にせず、じっくりと考えてしまう傾向にあります。

「何とかなるさ。」的な考え方が出来ないので、よく言うととても真面目であり、悪く言うと、真っ直ぐすぎて融通が効かない人という印象を受けます。

一つのことに対して、様々な考え方を持つこと、逃げ道も必要であるということを頭に入れて、柔軟に物事を受け入れてみると良いでしょう。

 

くよくよしやすい

対人恐怖症は、嫌なことがあると、そのことばかりに執着してしまい、他が疎かになりやすくなります。

そのことに対して、くよくよ悩み、悲しむばかりでは、何の解決にもなりませんし、負の連鎖で、もっと悪い方向に進んでしまうかもしれません。

そういった気質が、人を遠ざけてしまう原因になるので、益々対人恐怖症ループにはまってしまうことになります。

人は誰でも失敗をしたりすることもあるでしょうが、一時は悩んでも、「何とかなるさ」という気持ちで、前向きに考えるように努力しましょう。

スポンサーリンク

気を遣いすぎる

人が怖いという人は、自分に対しての相手の印象がすごく気になるのです。

「こんなことを言ったら、相手に嫌われてしまう、こんなことをしたら、駄目だ」と一人で頭の中で試行錯誤して、結果的に悪い方向へと進んでしまうのです。

言ってみれば、自分が凄く注目されていると、自意識過剰に思い込んでいる状態なんですね。

実際はそんなことはないのに、街を歩いていても周りの人から見られているような気がして、自分の服装や容姿はおかしいだろうか?と気にしてしまうような状態です。

でも自分でも振り返ってみると、街で素通りした人のことを気にもしていないし、ましてや覚えているなんて、めったなことはありませんよね。

直接話してみると、意外と自分のことをそんなに悪く思っていないと気付かされることも多く、勘違いも多い為、人が怖いと思っていても、先ずは、相手と話をしてみることを心がけるようにしましょう。

嫌われてもいい、自分の意志をきちんと伝えるようにしましょう。

このように、対人恐怖症の原因は様々であり、先ずは自分を客観的に見て、マイナス的要素は改善していくように努力してください。


スポンサーリンク

 - コミュ障あれこれ , ,

  関連記事