コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

無口でOK!コミュ障だからこそおすすめするバイトまとめ

      2015/11/27

1位 ピッキング作業の工場

holland-89589_640

コミュ障に一番おすすめなのが工場の中でもピッキングのバイトを募集している工場。

ちなみにピッキングは注文書などに書かれた物を倉庫の中から取ってくるっていう仕事だね。

分かりやすいところで言えば、アマゾンの倉庫。

あそこは何百人というバイトの人たちが、日々僕らがアマゾンで注文した品物をたくさんある棚から取ってきて箱詰めしている。

なぜピッキング作業を1位にしたかというこ、どの工場でもはずれがないということ。

食品や組み立ての工場なんかは、下手したら1メートル以内に3人がぎゅうぎゅうに詰め込まれて作業しているなんて工場もある。

これは実体験だから確か。某大手ケーキ製造会社でさえそうなのだ。

だから作業中はおばさんの私語がわーわー聞こえて作業には集中できないし、会話が苦痛なコミュ障には辛い。

その点ピッキング作業の工場は送られてくる注文書に書かれている品物を一人で集めに行く。

その間誰とも話さないし、自分の仕事に集中できる。

どうやっても人と接することが少ないバイトだから、コミュ力とかあげたくないよ!ただバイトしてお金稼ぎたいだけだよ!という人には超おすすめ。

スポンサーリンク

2位 検品・棚卸

これは主にバイト専門の派遣会社だけにある仕事。

スーパーやドラックストアなんか、どんなお店でも月に1回くらいは必ず検品と棚卸をしている。

それで在庫の発注を考えたり、どれが売れ筋なのかを調べるんだね。

しかしこれがすごいめんどくさい。従業員総出しても1日かかっちゃうくらいの量がある。

そのめんどくさい仕事を引き受けますよーっていうのが、検品・棚卸のバイト。

これは短気でも募集しているけれど、派遣会社に希望すれば長期で雇ってくれる。

主に勤務する時間はお店が閉まっている夜間になるので、それでも大丈夫な人にはおすすめ。

5、6人で一つのお店に行ったり、大きなお店になると10人以上で棚卸したりする。

それで一人ひとり専用の機械を渡されて、商品があるかどうか機械に入力していくだけ。

スペースも広いからまずすぐそばに誰かいるから話さなきゃいけないことにはなりえないし、常に数を数えてるからお喋りしている余裕はない。

コミュ障には本気で一言も会話しなくていいバイト。

 

3位 食品工場

canned-food-570114_640

コミュ障や引きこもりニートがまずバイト先に考えるのが食品工場。

おすすめはおすすめなんだけど、1位でも話したけど、ケーキだったりお弁当、パンなどとにかく色んな食品を作る工場だね。

1位で紹介したピッキング作業の工場は超お勧めなんだけど、デメリットは食品工場より数が少ないという点。

だからいくらバイトしたくても、工場がないなんてことがある。

その点食品工場はどこにでもあるから、通勤しやすいし受かりやすいというメリットがある。

食品工場は当たり外れがすごくはっきりしてて、とにかく作業スペースは広いか?工場内の雰囲気はどうか?という2点に挙げられる。

1メートルの範囲に3人がぎゅうぎゅうに並ばされて作業する工場は、それは若干会話しないともたないので、コミュ障には辛い。

だから3メートルとか5メートルとか、ある程度距離が離れたコンベア式になっている工場なら会話しなくて済む。

そして工場内の雰囲気。食品を扱っている工場は私語厳禁なところも多いし、作業に集中するため喋っちゃダメ!って怒られる工場もある。

だからそんな工場に当たれば、正当な権利で会話しなくても済むわけだね。

これは入ってみないと分からないから、バイトの面接のときできれば工場見学を希望してみよう。

スポンサーリンク

4位 ネットカフェ(夜勤)

自分が良くいく場所はどこだろう?自分と同じコミュ障が行く場所はどこだろう?と考えた時、それはネットカフェ!てことになるw

僕はよくネットカフェに行っていて、実際3年間ネカフェでバイトしていた。

接客業ということになるけど、ぶっちゃけほどんど会話はない。

お客さんも9割がたコミュ障っぽくてオタクな感じの男性だし、やっぱり店員もそういう地味系が集まるんだよね。

だからひじょうにまったりとした空気が流れていて、むしろコミュ障以外の人だと居心地が悪いんじゃないかと思うくらい。

お昼のバイトはどこでもだけど、パートの主婦のおばさんが入ってくるからちょっと騒がしい。

若い人じゃなくておばさんとなら話せるって場合ならいいけど、やっぱり断然夜勤のほうがおすすめ。

自分と同じタイプの店員がいるから話しやすいし、友達になれることもある。

 

5位 新聞配達

新聞配達のバイトは、喋らない度で言えばこの中で一番かもしれない。

基本あいさつ以外は一言も喋らないし、周りからも面倒、眠いという気だるいムードが漂っている。

新聞配達は朝早いっていう特徴のせいで、時間ないしお金ないしとにかく働かなくちゃっていう精神的に余裕がない人が多い。

だから同僚の名前さえ知らないし、隣の人がしていることに興味もわかないわけです。

だからコミュ障にとっては作業も簡単だし話さなくていいしと天国なんだけれど・・・それでも5位にした理由は、とにかく眠い。

早朝の4時とかに出勤だから、その前に起きることになるわけだけど、もう本気で行きたくなくなる。

このまま目を覚ましたくないと思って、逆に不眠になったりする。

強い精神力、あるいは朝むちゃくちゃ強くないとできない。冬は寒くてやる気ないしね。

もう夜型生活で、朝の8時から寝ます~なんて人のほうが、逆に起きるという辛いことがないからいいかもしれません。


スポンサーリンク

 - コミュ障の仕事 , , ,

  関連記事

辛いなら転職しちゃう?対人恐怖症の長所を生かせる4つの仕事

今、世の中にあるほとんどの仕事は、少なくても人と接することが条件である仕事が多い …

誰でもできる!大学生におすすめな面白いバイトトップ4

大学生は、学業が本業ですが、様々な事情により、お金を稼ぎたいと思っているでしょう …

悪印象を与えないでバイトを休むときに使える電話テクニック

急にお腹が痛くなった、具合が悪い、でも今日はバイトの日だから、行かないといけない …

まずは部屋から脱出しよう!引きこもりにおすすめなバイトとは?

引きこもりでもバイトはできるのでしょうか?ここは大きな疑問ですよね。 いくら部屋 …

コミュ障リーマンなら絶対に知っておきたい!会社でなじむ3つのコツ

初めての人と話をするというのは、誰でも緊張するものですが、それがあまりに極端に緊 …

コミュ障が起業して成功するために考えておきたい3つのポイント

人は大人になると、一人で生活をしていく為に必要なお金を稼がなければなりません。 …

すぐできる!営業マンが教えるスピーチで緊張しない4つの方法

僕は根っからのコミュ症ですが、意識的な訓練によって日頃から緊張しない方法を身に着 …

基本が大事!コミュ障リーマンが営業で成績を上げる2つの方法

コミュ障が会社で困るのは営業に回されたときです。 でも営業はどんな役割なのかを考 …

コミュ障の適職って?コミュニケーション苦手をメリットに変える仕事

コミュ障にとって、人と関わりを持つ場というのを極力嫌う傾向があり、避けてしまいが …

就職氷河期時代の今コミュ障が正社員になるには裏ワザを使うべし!

コミュ障は、人と接することが上手く出来ない為、人を避けてしまうのですが、社会人に …