コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

ぼっち女は男と違ってメリットが高い!その3つの理由とは?

      2015/11/27

CON_honyomu15084632-thumb-815xauto-13056

女性は、集団で行動するのが好きなのですが、中には、大勢の中に入るのが苦手な人も多いでしょう。

特にコミュ障の人は、人と上手く関わることが出来ないので、孤立しがちです。

勿論、本当は、人の輪の中に入りたいと思っているのですが、上手く出来ないことで、傷つきたくないからと、人を避けてしまいがちです。

それが、ぼっちを生んでしまうのです。

スポンサーリンク

女性のぼっちは目立つ

特に女のぼっちは、周囲からも目立ちやすく、その女性の心理状況も穏やかではありません。

人から、ぼっちであると思われたくない女性のプライドは高いのです。

 

意外とぼっちはモテる?

ぼっちはあまりいい響きではなく、出来れば、友達の多い人生の方が、楽しいことも多いでしょう。

しかし、最近では、このぼっちと言うマイナス的要素が、意外にも受けているのです。

「ぼっち女子」なる言葉があるほどで、なぜモテるのかと言うと、女子同士でつるまないので、信頼できるのです。

グループで群れる傾向にある女子は、そのグループ内の子の悪口も色々言っていると言われており、

ぼっちならば、その中に入る必要が無いので、その心配が無いのが、気楽で良いと考えているようです。

トラブルにまきこまれやすい女子のグループは、最初から入らない方が無難なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

男性側からすると・・・

男性側からすると、ぼっち女のイメージは、女性が受けるイメージとは違い、一人でいる子の方が、話しかけやすいようです。

大勢の中にいるような子は、その中でなかなか声をかけづらいと思ってしまうでしょう。

なぜなら、男性は、女性グループが怖いと感じる人が多いので、声をかけづらいと言う意見が多いからです。

つまり、一人女子は、話しかけやすいと言うメリットがあります。

 

大人しいイメージが強い

元気な子が好きな人もいれば、逆に大人しい子が好きと言う人もいるでしょう。

ぼっちな女は、女性からすると、敬遠したくなる存在なのですが、男性からすると、大人しいイメージがあるので、男性受けは良いのです。

女のぼっちは、マイナス的要素ばかりではありません。

集団の中の女のぼっちは、とても目立ちやすく、本人にとっては、辛い状況ですが、周囲のちょっとした気遣いと、本人の勇気で、がらっと人生が変わってくるのです。

思い切って、身近な人に声をかけてみると、意外と相手も、声をかけたかった、仲良くなりたかったと思っている場合が多いのです。

ちょっとした気持ちの切り替えで、ぼっちから卒業出来るように、努力してみてください。


スポンサーリンク

 - コミュ障の生活 , , ,

  関連記事

たったのこれだけ!コミュ障でもすぐに初対面の人と打ち解ける方法

コミュ障は、人とのコミュニケーションが苦手というネックがある為、人と接する場面に …

1アイテムで?マスクが与えるコミュ障へのメリットが凄すぎる!

コミュ障は、人と会話をするのが上手く行かないので、人を避けがちになります。 しか …

クリスマスにぼっちでも気にしない!一人で過ごす楽しみ方

クリスマスと言うと、恋人たちにとっては、一年に一度の素敵な夜ですから、当然デート …

学生のコミュ障必見!ぼっちが学校で友達を作る3つの方法

コミュ障の人は、人と上手く関わることが出来ないということに、悩みを持っているので …

セルフレジは神!コミュ障でもレジでつつがなく会計する方法

コミュ障は、人と会話をするのが下手で、そのことで落ち込みやすく、そういった場を減 …

疲れる人付き合いのストレスを軽減させる日常で使える心理テクニック

人付き合いと言うのは、本当に疲れるものです。 ましてや苦手な相手との付き合いは、 …

今からでもできる!コミュ障が楽しく学校に通うための3つのコツ

コミュ障という言葉は、ネットを中心に10代の子たちから広まった言葉であり、なかな …

ひとりぼっちランチを極める!ぼっち飯をする人達のお昼休み事情

仕事中や授業中は、おしゃべりをしてはいけないことから、一人で作業をすることが多い …

バラ色の大学生活とはいかない!大学生でぼっちになりやすい人の特長

大学生は、大学で、勉強をするのが仕事なのですが、そうは言っても、せっかくの学校生 …

大学ぼっちを避けるために!コミュ障のための友達の作り方

コミュ障の方の悩みは大学でうまくやっていけるか、ということになっているかもしれま …