コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

ADHDと運動神経の関係とは?特徴を理解することでスポーツ万能になれる!

      2015/11/27

cycling-655565_640
発達障害のあるADHD(注意欠如多動性障害)ですが、知能的な障害があっても、運動系統においては、問題が無いと思われています。

実際はどうなのでしょうか?

うちの子はADHDと診断されたけど、運動神経に影響するのかな、と不安に感じるお母さんも多いのです。

そこで、ADHDと運動神経について、考えてみましょう。

スポンサーリンク

オリンピック選手とADHD

ADHDの人は、運動音痴なのかと言うと、そうとは限らず、これには個人差があるようです。

例えば、ADHDであると言われているマイケル・フェルブス選手は、北京オリンピックで、8個の金メダルを取得しました。

実際に、ADHDの子供を持っているお母さんの話では、運動神経は良いと言うお子さんも多いのです。

 

水泳とADHD

ご高齢の方や、足が悪いという方の適度な運動として、水泳は良いとされています。

水の中では、足への負担が少なく、歩きやすくなるので、水の中でのウォーキングが推奨されているからです。

野球やサッカーと言ったチームプレイは、ADHDにとっては、運動神経と言うよりも、人とのコミュニケーションに問題が出て上手くいかないというパターンになります。

その為、一人で思うように運動することが出来る水泳は、ADHDの人には合っているのでしょう。

スポンサーリンク

空間認識力について

ちょっと難しい話をすると、空間認識能力というのがあります。

これは、自身の身の周りにある物を認識する能力のことなのですが、野球やサッカー等、狙った場所にボールを蹴ったり、当てたりすると言う能力を指します。

医療機関にてADHDの検査をする際には、この空間認識能力検査があり、弱いという認定をされると、運動音痴であるというイメージを持たれてしまいますが、必ずしもこの能力が低いからと言って、運動音痴であるとは言えません。

スポーツの中には、様々な種類があり、自分に合った分野もありますので、諦めず、探してみることです。

 

落ち着きが無い症状こそが、運動

ADHD(注意欠如多動性障害)の人は、常に落ち着きが無く、むやみに動いているのですが、この動きこそが、運動神経と関係がありそうです。

つまり、常にエネルギッシュなので、このエネルギーを運動に変えれば、運動能力は伸びてくることでしょう。

勿論、ADHDの人でも、運動することに疲れると、心身ともに落ち着いてくるので、いつも動きまわるわけではないのです。

この状態を上手く把握することで、将来のプロスポーツ選手になれることも、十分可能と言えるでしょう。

うちの子供は駄目と思わずに、子どもの可能性を上手く導き出してあげてください。


スポンサーリンク

 - ADHD , ,

  関連記事

ADHDを悪化させる恐れのある食べ物&積極的に食べたい食べ物

人間は食べることで、生きて、生活をすることが出来るのですが、病気によっては、食べ …

■もしかしてわたしってADHD?5分でできる簡単チェック診断

あまり聞いたことが無い名前かもしれませんが、ADHD(注意欠如多動性障害)って知 …

多くのADHDが感じている日常生活における辛い3つの場面

多くのADHD(注意欠如多動性障害)の人は、生活をする上で、他者との違いに悩み苦 …

ADHDの子供の子育てでイライラして爆発してしまう前にするべき対策

ADHDの子どもを持つ親は、とても大変だと思います。 僕はADHDですが、母親は …

甘えだと思われやすいADHDの物忘れやミスをどうする?

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、周囲との関係において、上手 …

ADHDが気を付けたい人間関係を悪化させてしまう4つのポイント

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、人と上手くコミュニケーショ …

ADHDは日常生活に支障をきたすほど記憶力が悪い!僕なりの対策方法をまとめます。

ADHDは記憶力が悪いというのが一般的です。 ADHDの僕自身も、それはめちゃく …

こんなにもあった!ADHDの長所を活かして適職に就こう

人は誰でも、大人になれば、社会人として、働くことになります。 その形態は様々で、 …

ADHDを改善するために行われる病院での治療方法

ADHD(注意欠如多動性障害)と診断された場合、治療を続けても、治らないと思って …

大人のADHDに向いている仕事と向いていない仕事

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)ですが、子どもの頃に発症するパ …