コミュ障ライフ

元コミュ障が「今を楽しく!コミュ障でも楽しく生きていく」をモットーに自分を変えていく方法を紹介しています。

*

ADHDが気を付けたい人間関係を悪化させてしまう4つのポイント

      2015/11/27

group-609640_640

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)は、人と上手くコミュニケーションを取れないことから、孤立してしまいがちです。

その為、人間関係について、深く悩む人も多いのです。

自分では一生懸命やっているつもりが、相手からすると、とてもだらしなく、無能であると判断されてしまうと、相手にとっては避けたい存在に映ってしまうかもしれません。

そこで、ADHDと人間関係について、お話していきましょう。

スポンサーリンク

ADHDの特徴

ADHDの人は、空気を読まず、衝動的に発言したり行動したりするので、相手にとっては、面倒くさい存在になります。

マイナス的要素が多いと思われがちですが、実は頭の回転は速く、アクティブなので、一見すると、人から好まれそうですが、正直で単刀直入な部分が多い為、相手を傷つけたり、怒らせてしまうことも。

そこから、変な人間と言うレッテルを張られて、次第に避けられる存在になってしまうのです。

 

短絡的な行動が相手を困惑させる

人間関係において、とても短絡的な行動をしてしまうADHD、友達との会話の中で、相手にとって失礼なことを発言したり、行動したり、相手をがっかりさせてしまうようなこともします。

しかし、それは本人にとっては、あまり悪意があるわけではなく、そのことで、本人も深く苦しむのです。

その結果、ひねくれてしまい、余計相手に当たり、悪循環となります。

スポンサーリンク

仕事が出来る時と出来ない時の差

発達障害のADHDは、脳の伝達に問題があるので、仕事が出来ないと言われていますが、実は集中することで、仕事の効率が上がる時があります。

しかし、それは安定せず、逆に普通に出来ることが出来ずに、同僚や上司を困らせてしまうことも。

ここから人間関係が悪化してしまうので、注意が必要です。

 

言葉を改善させる為に

自分では知らないうちに相手を困らせたり、怒らせてしまっている場合が多いADHD(注意欠如多動性障害)の人は、先ずは発する言葉を改善させる必要があります。

その方法は、友達の協力の元、変なことを言った場合は、その場で指摘してもらう、人が話している間は、話を遮ることがないようにする、話が長すぎないか随時チェックする等です。

普通の人でも、人から嫌われていないかどうかは、周りの人に聞かないと分からない部分が多いので、先ずは自分の協力者となってくれる人を増やす努力をしていきましょう。

人間関係と言うのは、普通の人でもなかなか難しいもの、ましてやADHDの人にとっては、とても困難な問題であり、医療機関で適した治療を受けながら、多くの人と接し、人間関係を築いていきましょう。


スポンサーリンク

 - ADHD , ,

  関連記事

彼女必見!こんなときどうすればいい?ADHDの彼氏の取扱説明書 

ADHDの彼氏と付き合うことは、普通の恋愛より大変です。 まだ付き合い始めて間も …

生活状況から見るADHDとアスペルガーの違いとは?

最近よく聞かれるADHD(注意欠如多動性障害)とは、発達障害の一つで、子どもの頃 …

医療の観点から見る看護師が接するADHDへの接し方

いろんな症状が噛み合ったADHD 発達障害として、以前はLD(学習障害)、PDD …

あの有名人もADHDだった!ADHDが世界的な成功者を生み出しやすい理由とは?

空気が読めない、集中力が無い、なんていうのは性格の問題かと思いきや、実は病気のせ …

大人のADHDに向いている仕事と向いていない仕事

発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動性障害)ですが、子どもの頃に発症するパ …

ADHDが教える大人のADHDに正しく動いてもらうための接し方

最近は広く世間一般にもADHDという言葉が浸透してきたように感じます。 昔はAD …

どちらか一方がADHDの夫婦は離婚しやすい?結婚生活におけるトラブル

発達障害のADHDの人は、相手の空気を読めない、人とは違う行動をする、と言うこと …

大人のADHDをコントロールする!治療に役立った良書ベスト3

ADHDの治療法は様々ありますが、僕が治療していて大事だと思うのは、自分のやる気 …

新事実!実はADHDには高学歴が多く高い知能を持つ人が多い

ADHD(注意欠如多動性障害)の人は、知能障害なので、頭が悪い、中卒・高卒が当た …

ADHDは日常生活に支障をきたすほど記憶力が悪い!僕なりの対策方法をまとめます。

ADHDは記憶力が悪いというのが一般的です。 ADHDの僕自身も、それはめちゃく …